たまの山歩きなど

アクセスカウンタ

zoom RSS 白山 中宮道分岐まで

<<   作成日時 : 2017/08/06 22:42  

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

 29年8月1日夕、かねて前より山関係外の同好会メンバーのH氏と自宅前で待ち合せて、H氏の車に便乗し18時30分に出発する。
 市ノ瀬に向かう途中、前後に他の車の姿はないまま、20時10分に市ノ瀬に着いてみると、駐車場には多数の車が駐車していた。
 事務所に登山届を提出して直ちに別当出合に向かう。
 別当出合駐車場近くに来ると、道路右側の駐車用として設定のスペースにはズラリと駐車が並び、早、空きが少ない。
 本来の駐車場そのものにも空きスペースは少ないものと判断し、道路脇の残り少ない空きスペースに駐車する。
 駐車中の他の車、いずれも既に出発して車中は不在なのか、あるいは幾らかは我々同様、翌日早朝の出発に備えて既に就寝中なのか周辺は静寂そのもの。 我々も早朝出発に備えて、早々に車中泊就寝とする。
 この時期、平地では夜でも寝苦しいぐらい暑いものだが、別当出合は既にある程度標高が高い為か、やや寒さを感じながら熟睡の感覚もないまま起床時間を迎えてしまった。
 出発点の別当出合では既に数人が出発前の準備中のなか、我々は砂防新道に向かった。
 思ってみると、自分はここ2ヶ月ぐらい、6月に数日の間隔で受けた白内障の手術もあって、術後しばらくはは激しい運動は避けよの指針に従った感じで、激しい運動にも入らない近くの里山歩きさえしておらず、少しばかりの畑仕事程度の体の動かし方しかしていなかった事で、白山登山は厳しいかな?との思いもあったものだが、懸念した通り、歩き始めの暫くは自分を先頭に軽快な歩きであったものが、次第に足が重くなり、先歩きをH氏にまかせたものの、H氏に必死についてゆく状態の辛い歩きになってしまった。
 甚ノ助避難小屋、南龍分岐、黒ボコ岩 等々、全ての休憩場所で小休止せざるを得ないという、不本意な状態であった。
 室堂到着が9時10分で、既にして当初計画より1時間余の遅れとなったが、休憩1時間後、取敢えず中宮道への分岐までは行ってみようと、お池めぐりコースで分岐に到着。 その時点では計画の2時間遅れとなり、その分岐からお花松原への往復3時間を加えれば日帰りは当然無理な相談ということになる訳で、もう一つの付けたし計画だった七倉山登りも諦めて、そこから室堂経由の戻りとする。
 H氏が大汝峰を未経験と聞いていたことで、せめて大汝峰ぐらいはと、思わぬでもなかったが、戻りの時間も気になり、その時点で急激に上空を覆い始めた厚い霧で、目の前の大汝峰頂上さえも覆い隠れる状態となって、H氏に大汝峰巡りを提案もせず、やや残念な思いで戻りに向かう。

          <目についたクロユリ>
画像


          <チングルマ?>
画像


 再び室堂のベンチで小休止し、殆んどは宿泊予定と思われる他のベンチ席の客を尻目に下りを目指す。
 黒ボコ岩以降は観光新道を選択し、砂防新道との厳しさの違いを実感しながら同行者との会話もほとんどなく、ひたすら下る。

          <所々のニッコウキスゲ>
画像


 コースの厳しさ故か、時間的には宿泊予定であろう登り客も、我々背後に続く下り客も、やはり少ない感じ。
 分岐の慶松平以降を下るうち突然、登りの親子と思える4人組に出逢う。 中年に差し掛かる頃合いの夫婦とまだ幼い姉妹2人だが、驚いたことに下は3歳、上は4・5歳程度?にしか見えず、そこまで降りてきて実感したコースの厳しさを思ってもチョット無理では?と思ったものだが、親も子供達もニコニコと、少しも辛そうな様子が見えない。
 思わず ”エライね”と褒めて勇気づけたものだ。 現在、同居の孫を思っても、過酷すぎるような気がして自分にはとても真似出来そうにない。 里山ではよく見かける光景で、その場合でも”エライね”と声掛けしたくなるものだ。
 別当出合では多くの戻り客が、待機のバスに次々と乗り込んでいるか、又はゆったり休んでいるところ。
 少し離れた、駐車の場所に戻ってみると、驚いたことに道の片側脇に設けられたスペースにだけだった駐車の群れが、反対側の道路端に縦列駐車で延々と連なっていた。
 自宅への到着は17時20分で、H氏も18時には戻れる適当な時間ではあった。

 いつかは、お花松原に行ってみたいが、次回はいつになることやら。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
白山 中宮道分岐まで たまの山歩きなど/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる