たまの山歩きなど

アクセスカウンタ

zoom RSS 2015.11.06 野見ヶ岳へ

<<   作成日時 : 2015/11/15 14:50   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

 久し振りに会った友人からの誘いで、山行き約束の時間9時半に迎えの車に乗り込むと、他の友人2人を加えての4人連れと知る。 
 前日、行く先についての携帯連絡の際には夜叉ヶ池とのことでそのつもりでいたものだが、車に乗り込むと同行友人のひとり(当方初対面)が手術退院後間がなく、体力的に夜叉ヶ池は無理なので武周ヶ池のある野見ヶ岳へはどうかと、急遽変更になる。 やや拍子抜けの感ではあるが、それではと、経験者の自分が案内する気持ちで出発する。
 自分のただ1回の経験から既に6年半を経過しており、登山コースに至る道順すらあまり覚えていない。 持参した、かねてより愛用の福井山歩会編纂の案内書を助手席の第2友人に渡し、ナビ役を任せる。 案内書の詳細な記述のおかげで無事にコースの案内板の個所に着く。 自分としては未体験の牧谷コースを希望したが、体力弱者の同行者には無理だろう(本人も主張)ということで、すでに経験済の一番容易な峠コースに向かうことになる。
 友人の車はトヨタのSAI 2500cc とあって、山行きの利用にはあまり相応しくないが峠の広場に向かう曲がりくねった細い林道をどうにか進むうち、降りてくる車両に出くわす。 幸い近くに交錯用の設定個所があり、無事すれ違う。
 案内板から約20分でログハウスのある峠広場に到着する。
 今日は朝から快晴で風もなく、さりとて暑くもなしで山歩き日和と言ってもよく、武周ヶ池まで1.7キロの道標を横目にしてやや急な階段登りをスタートに、よく整備された上りかげんの道をのんびり歩く。 さらに歩くうち、二度目の階段急登りに出くわし、登り切ったところでお茶飲みの小休止となる。
 歩きはじめから約50分後に武周ヶ池に到着する。 池は前回の印象と変わらず。 如何なる天候、気象の変化にも水量が変わらないという不思議な池らしい。
 池を眺めながら、横手に設えの休憩用丸太に掛けて、思い思いの昼食後、最上位の鉄塔下からの眺望も楽しむ。
 仲間には、初めての野見ヶ岳でもあり、気候、天候はよし、適当な運動となった今日の山歩きに満足した様子。 ただ、自分としては希望していた牧谷コースも途中の岩谷山登りも体験出来なかったことが残念で、単に友人にお付き合いした1日であった。

<池の様子>
画像


<只今、食事中>
画像


<池の由来>
画像


<鉄塔下>
画像


<見上げた樹木の紅葉>
画像


<下山へ>
画像


<乗ってきた車>
画像



テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
2015.11.06 野見ヶ岳へ たまの山歩きなど/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる