たまの山歩きなど

アクセスカウンタ

zoom RSS 6/2 新・下山コースで荒島岳へ

<<   作成日時 : 2012/06/05 10:44   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

2・3日前に、新・下山コースのオープンについて大野市役所観光振興課に聴いてみると、未定だが6月中に県から大野市に引き渡しとなる予定(コースの設定と整備は県がしたものと知る)と聞く。ただ既に歩いている者は居る様子とのこと。さらに、登り下りとも約6時間は掛かり、かなり厳しい個所があるので1人では行かない方がいいでしょう。とのことであった。
例年通り、6/1オープンになって2日目の今日、新たな下山コースにトライするべき期待を以て越前下山駅に向かい、一旦旧の下山コース入口にまで行ってみたので駅前広場には7:05に着いた。登山口方向を確認すべく車を置いたまま集落内に入ってみると、約50m先の右手階段に登山道方向の表示を見つける。
画像
車に戻って身支度をして、登山口標識の場所をを7:20にスタートする。
画像


ゆるやかな傾斜の山道を5分後に「あと4km」の掲示箇所
画像


さらに25分で展望所兼休憩所に来るが、休まず進む。
画像
画像


休憩所から約15分で最初のロープ取付所に到達。(8:05)
画像
画像
画像
ロープは26本を数える(一部にクサリの取り付け個所もあり)。
敷設のロープや鎖や看板類など、当然だがみな新しくて気持ちがいい。
画像


後ろから男性1人(50歳前後?)近づき、その速さ(体力)に驚く。
“きついですね。稜線に出れば楽になるでしょう。”の言葉を残し、当方を追い抜いて行く。
9:20に稜線に取りつく
「あと1km」掲示箇所に9:45
画像
画像


一見快適な登山道に見えるが、根曲り竹の切り株で歩きにくいことおびただしい。姫筍はもう育ちすぎの感じだが、良さそうなのを採りながら、疲れもあってゆっくり進む。
まだ頂上も見えない時点で、先ほどの男性が最早下りて来るのに驚く。訊くと頂上には10人余りの人数とか。“目の前の坂を越えれば祠が見えますよ”の声を背に窪地の残雪を眺めながらゆっくり歩を進める。
画像
画像


10:35に山頂到着(3時間15分所要)。霞がかって眺望がよくないのが残念。
画像
5月後半に福井新聞に記事が掲載された方位盤が目新しい。
画像


旧の下山コース方面を眺め、あの稜線かと想像しながら歩いてみたかったと思う。H16年から閉鎖だとすれば、まだ山歩きの趣味はなかったころだから仕方がないか。
画像
軽い食事を採り、山頂には25分の滞在で下山に向かう。


登山口帰着、13:30(2時間30分所要)
山頂での休憩を含め、6時間10分の山行であった。

(汗ばんだ顔、腕などに「ぶと虫」が群がり、閉口する/虫よけスプレーが必要)

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
6/2 新・下山コースで荒島岳へ たまの山歩きなど/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる